不登校改善コミュニティ「まっちゃんサロン」の募集を始めます!

スポンサードリンク

 

こんにちは、まっちゃんです。^^

 
 
 
大変長らくお待たせいたしました。
 
 
今日は昨日お話した
僕が新しく始めるプログラムについて
お知らせします♪
 
 
実はこの3日間
このプログラムを作るにあたって、
寝ることなく最終チェックを行っていました。
 
 
体調を壊さないように気をつけつつ、
相当自分を追い込みました。
 
 
体を壊しては元も子もないですしね。
 
 
 
 
 
でも、、、、
 
 
 
 
 
 
 
1時間ほど前に、
満身創痍で気絶するように
寝てしまいました。
 
 
(それでお知らせが遅れたのは内緒です。笑)
 
 
目がさめると、
 
「ああ、、、やばい、、、
遅れてしまう、、、」
 
と自分を相当責めました。
 
 
いつもメルマガでは、
「自分を責める必要がないですよ」
といっている自分が、
 
 
まるで奈落の底に落ちていくように、
心の中が真っ黒になりました。
 
 
 
それに加えて、
体も限界がきていました。
 
 
目が覚めても
 
疲れは取れず、
頭は痛いし、
身体中が痛いし、
気持ち悪い。
 
 
 
「悔しい、、、悔しい、、、
待ってくれる人がいるのに、
なんで、、、なんで、、、」
 
 
 
…━─…━─…━─…━─…━─…━─…━─…
 
本当に愛情ってたいせつ。
 
…━─…━─…━─…━─…━─…━─…━─…
 
 
そんな満身創痍の状態で、
僕の目の前に出てきたのは、
 
 
 
 
仲間が作ってくれた
「味噌汁」でした。
 
 
 
そういえば、
ご飯もしっかりと食べていなかった。
 
 
お腹が空いたな、、、、、
 
とフラフラの状態で一口。
 
 
すると、
わけもわからず
涙が溢れ出してきました。
 
 
 
…━─…━─…━─…━─…━─…━─…━─…
 
走馬灯のように流れる過去の記憶
 
…━─…━─…━─…━─…━─…━─…━─…
 
 
味噌汁を口に含めると、
わけもわからず僕は泣いていました。
 
 
自然とまぶたが下がってきて、
目の前が真っ暗になりました。
 
 
すると、目の前に、
不登校だったときの記憶が
フラッシュバックしたのです。
 
 
不登校だったときに
どれだけ辛い思いをしたのか。
 
 
どれだけ自分を責めて、
どれだけ苦しんだのか。
 
 
「ああ、もう俺は必要ない。
死んだ方が家族のためだ。」
 
 
自殺未遂する直前の気持ちも
頭の中を駆け巡りました。
 
 
 
それと同時に、
当時のお母さんの姿がたくさん
頭に流れ込んできました。
 
 
 
・不登校になって心配してくれたお母さん
 
・学校を休む連絡をしてくれたお母さん
 
・必死になって病院につれていってくれたお母さん
 
・仕事帰りに、
ジュースを買ってきてくれたお母さん
 
 
・自殺未遂して入院したとき、
本気で泣いてくれたお母さん
 
 
・毎日のようにお弁当を作ってくれたお母さん
 
 
・仕事終わりで疲れているのに
カードショップに何度も連れていってくれたお母さん
 
 
・僕のために、毎日社長さんのところに
相談にいってくれたお母さん
 
 
・僕がどんなにひどいことをしても、
同じ家にずっといてくれたお母さん
 
 
・学校に行くって言ったら、
「頑張ってね!」って笑顔で言ってくれたお母さん
 
 
 
どのお母さんも、
本当に愛情に溢れた最高の親でした。
 
 
無理に学校に行かせようとした母も、
喧嘩をたくさんした母も、
俺の気持ちなんてわかってくれないと思ったときの母も、
 
 
全て僕のために必死になって、
愛情をかけていてくれたんだ、、、、
 
 
 
 
言葉ではうまく言い表せませんが、
愛情に包まれて、
心の芯がじ~んとあったまりました。
 
 
目をあけても、
涙は止まりません。
 
 
本当に僕は周りの愛に
助けられてきました。
 
 
今回の新しいプログラムを作るのにも、
本当に大切な仲間が、
僕以上に本気で協力してくれました。
 
 
対談音声をとってくれた
不登校経験者の富田さんもほとんど寝ずに、
協力をしてくれています。
 
 
たくさんの仲間が、
僕のために自分のことを犠牲にしてまで、
本気で協力してくれています。
 
 
 
「お母さん、
本当にありがとう。
 
本当に素敵な大切な仲間に
出会うことができました。
 
あのとき、
お母さんが諦めずに、
どんなときでも、
そばにいてくれたから、
 
 
僕はこんなにも、
幸せな仲間に囲まれています。
 
 
あのとき、
死ななくて良かったです。
 
 
クラスメイトに馴染めず、
友達もほとんどいませんでしたが、
今は最高の仲間に巡り会えたよ。
 
 
 
あれだけひどいことをしたのに、
あれだけ心配をかけたのに、
 
 
そんな僕でも愛してくれてありがとう。
 
 
本当にありがとう。」
 
 
 
仲間が作ってくれた
「たった1杯の味噌汁」が、
 
今まで僕が受け取ってきた愛情を
思い出させてくれました。
 
 
今まで僕が受け取った愛情は
本当にたくさんあります。
 
 
今度は、僕がもらった愛情を
伝えていく番です。
 
 
 
今回のプログラムを作るにあたって、
本当にたくさんの方に
協力していただきました。
 
 
みなさん本当にありがとうございます。
 
 
感謝と愛を込めて、
新しいプログラムをお知らせします。
 
 
不登校改善コミュニティ「まっちゃんサロン」
http://kazu-lead.com/content/m-salon.pdf
 
※読み込みに時間がかかる場合があります。
クリックしてから少しお待ちください^^
 
 
募集は11月20日までの4日間限定で行います^^
 
 
ご不明なことや質問がある方はこちらからお願いします^^

kazusakipsychology@gmail.com
 
 
 
不登校改善コミュニティ「まっちゃんサロン」
http://kazu-lead.com/content/m-salon.pdf
 
 
いつもブログやメルマガを読んでくださり、
ありがとうございます^^
 
 
みなさんが、今日も明日も
愛に包まれて、温かい心で
前に進んでいけることを願いっています。
 
いつもありがとうございます。
 

スポンサードリンク

読むだけで不登校の子とどう対応すればいいのかが見えてくる!不登校変革部公式メールマガジン

 

不登校変革部公式の参加型メールマガジンです。

 

僕が一方的にメールを送るのでなく、みなさんの意見を交えつつみなさんと一緒に作り上げるメールマガジンです。

 

〇不登校の息子、娘にどう対応していいのかわからない
〇カウンセリングに適応指導教室どこにいってもだめだった
〇不登校に関する情報がたくさんあってどうすればいいのかわらない
〇親として自信が持てず、気づいたら自分を責めてしまっている。

 

あなたの現状を打破するヒントが見つかるかもしれません。登録は完全無料です。

 

また、ブログ記事の補足音声や動画配信はメルマガで優先的に取り扱います。