【物語】図書館での小学生のけんか〜本が好きな少年の言葉

スポンサードリンク

 

前回までの話はこちら

【この物語はフィクションです。】

 

「お前気持ち悪いんだよ!」

近くで子どもの声が聞こえた。

カフェで腹がたっていたのもあったのか、イライラが増す。

「こっちは貴重な休みを使って、図書館で不登校について調べてるのに…」

カフェを出てからずっと大学生が言った言葉が頭から離れない。

自分の理想や願望を子どもに押し付けていたのだろうか。

そういえば、息子が将来何をしたいのか、何に興味を持っているのか知らない。

やはり、息子にとって学校が重要なものではなかったら…嫌なものだったら…

いや、違う。私は息子のためを思ってる…そのために学校も行かせなければ…

 

所詮、心理学をかじっただけのの大学生。専門家でもない。

そんな人の言葉を信じるべきではない。

しかし、なぜか心がもやもやして気持ち悪い。

その気持ち悪さを解消するためだろうか、専門家の本を図書館で読んでいた。

 

「お前、いつも本読んでて気持ち悪いんだよ!」

見たところ小学生のけんからしい。

「僕が本を読むことと君には何も関係がないじゃですか」

「そのすかした態度が気に食わないんだよ!

いいか、今日はスポーツ大会に向けたクラスサッカーの練習の日だろ」

「自由参加と言っていましたが…」

「スポーツ大会は明後日だぜ、練習は何よりも大切なことだろうが」

「僕も今大切なことをしていました。」

「は?本読んでただけだろ、そんなのいつも読んでるじゃねーか」

「僕にとっては大切なことです。」

「みんな練習来てるだろ!お前だけ来てないじゃないか」

「ですから、今日は自由参加の日でしょう。出るべき練習には出ています。」

「大会は明後日だろ!そのためにみんな来てんだよ!それよりも本を読むのが大事なのかよ」

「はい、大事です。

さっきからみんなみんな言ってますけど、必ずしも多くの人と同じ行動をしなければいけないのでしょうか?」

「そうだろ!みんなと同じことしなけりゃからかわれるし、いじめられるだろ」

「じゃあ、みんなが本を読み出したらあなたも読むんですね。」

「それは……読む!読むに決まってるだろ」

「僕があなただったら読みません。楽しくないから」

「楽しくないとかじゃねーよ!みんなと同じことをすることに意味があるんだよ」

「あなた好きなことないのですか?」

「サッカーだよ、サッカーが大好きだ。」

「サッカーをしてるとき幸せですか?」

「そりゃ、楽しいからなあ」

「じゃあ、好きなサッカーを禁止され、本を読まなくならないといけなくなったら?」

「そんなことあるわけねーだろ、さっきから何言ってんだ!ほら、行くぞ!」

そう言うと本を読んでいた男の子は連れて行かれた。

 

あの子大人だ。確かに大会が近いからってみんなに合わせる必要はない。

価値観の違いがよくわかってる子だ。それだけに、無理矢理連れてかれてかわいそうだ。

 

感心しながら本を読むのを再開する。

かなり詳しく書いてある専門書を持ってきてしまったらしい。専門用語ばかりで何が書いてあるかわからない。

そんなとき大学生の言葉が頭の中で流れた。

「一流大学に入って、一流企業に就職する。一般的に言えば、成功かもしれません。

しかし、それは誰の幸せで、誰の願望なのでしょう。」

スポンサードリンク

読むだけで不登校の子とどう対応すればいいのかが見えてくる!不登校変革部公式メールマガジン

 

不登校変革部公式の参加型メールマガジンです。

 

僕が一方的にメールを送るのでなく、みなさんの意見を交えつつみなさんと一緒に作り上げるメールマガジンです。

 

〇不登校の息子、娘にどう対応していいのかわからない
〇カウンセリングに適応指導教室どこにいってもだめだった
〇不登校に関する情報がたくさんあってどうすればいいのかわらない
〇親として自信が持てず、気づいたら自分を責めてしまっている。

 

あなたの現状を打破するヒントが見つかるかもしれません。登録は完全無料です。

 

また、ブログ記事の補足音声や動画配信はメルマガで優先的に取り扱います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

松井和輝

中学・高校ともに不登校。それが原因で自殺未遂を経験。現在はその経験を生かして、「学校に復帰するだけでなく、本来の純粋な自分を取り戻すことを第1の目的」として、300組以上の親子の問題解決を行う。