いじめが原因でなる不登校の解決方法|親はどうすればいい?

スポンサードリンク

いじめが原因で不登校になる子は少なくありません。

そして、いじめは人間不信や対人恐怖など様々な弊害があるため、非常に根深いものです。

そのため、いじめによる不登校は例えいじめが解決したとしても、学校に行けるようになるとは限りません。

最悪の場合は耐えられなくなって自殺してしまうケースさえあります。

では、いじめが原因の不登校はどうすれば解決するのでしょうか?親はどう対応すればいいのでしょうか?

いじめによる不登校解決の3つのポイント

いじめによる不登校を解決するには3つのポイントがあります。

ポイントは3つ

①親が子どもの味方をする

②親が子どもと向き合う

③学校や他の教育機関との相談

この3つについて説明していきます。

いじめは100%いじめる側が悪い。そこを理解して子どもの味方になる

いじめる側に問題がある

いじめはいじめる側が100%悪いです。

いじめられる側にも問題があるという人がいますが、それは違います。

いじめられる側に問題があるのでなく、いじめる側に人を愛する、人を受け入れるという力がないだけです。

 

例えば、こんな理由でいじめはおきます。

・あいつの頭が良いところが気に食わない

・あいつは不潔だから嫌い

 

しかしですね、人って誰しもそれぞれ弱みがあるんですよ。

欠点がない人なんてこの世には存在しません。

むしろ頭がいいとかスポーツができるから気に食わないという理由でいじめられるなんて、その子に問題があるはずがありません。

どう考えても、それに反応するいじめる側に問題があるのです。

 

しゃべり方が気に入らないとか

静かな子だから気に入らないとか

それはその子の性質であって何も悪くありません。

 

では、なんでいじめられてしまったのか?

いじめられてしまった原因とは?

それはただ人を愛することができない、人を受け入れることができない子に出会ってしまったという理由だけです。

いじめの原因はいじめるような子に出会ってしまった、それだけなのです。

 

だから、いじめられる側は100%悪くありません。

その子の特徴を勝手に悪いと決めつけ、批判するいじめる側に問題があるのです。

まずはそれを理解してください。

いじめる子だけを責めているわけではありません。

いじめる側も親子関係や周りの環境などに問題があり、そうなってしまうだけです。いじめる子の問題はその子1人の問題ではないのです。

 

さらに、もう一つ理解するべきことがあります。

人はいじめられると人間不信になるということです。

いじめた子だけでなく、クラスメイトさらには親でさえも恐怖の対象になってしまいます。

詳しくはこの記事で説明しています↓必読です。

いじめが原因で不登校になると人間不信になる?解決策は?

2015.08.26

 

この記事で書いたようにいじめが原因で不登校になった子は周りに味方がいないと思っています。

表面上には出さないかもしれませんが、親でさえ恐怖の対象となっていて、常に恐怖を回避する行動をとるようになります。

 

だからこそ、人を信じられるような状態にすることが解決につながります。

具体的には、親が子どもの味方になることです。

いじめは100%いじめる側が悪いんだということ、いじめられた子が恐怖でおびえていることを理解して、自分はあなたの味方だということを伝えるのです。

 

親が子どもと向き合うことで子どもの気持ちを知る

いじめられた子の気持ち、いじめはいじめる側に問題があるというのを理解したら、自分が子どもの味方だということを伝えます。

「今までつらかったね。なかなか気付かなくてごめんね。お母さん(お父さん)はどんなことがあってもあなたの味方だからね。どんなあなたでも受け入れるからね。つらいこととか困ってることがあったら何でも言いなよ。どんなことでも助けるからね。」

 

注意してほしいのがこれは一例だということです。

言葉が重要なのではなく、それを言う気持ちが重要なのです。

だから形にはとらわれないでください。気持ちさえあればどんな言葉でも伝わりますから。

このように真剣に子どもと向き合います。

自分の気持ち、自分は味方だと言うことを伝えるのです。

 

子どもにそれが伝わると、子どもから本音を話してくれるようになります。

その本音をしっかり受け止めてどうしていきたいのかを話し合いましょう。

※このとき親として子どもがこうしたいということにジャッジしないで下さい。

 

 

このときに、いじめがとても苦痛で学校には行けないということだったら、転校やフリースクールを提案してみるのもいいと思います。

 

いじめの場合、いじめる側が学校にいるので、本人の意志がない限り学校に行かせる必要はありません。

何度もいいますが、いじめの原因はいじめるような子に出会っただけです。

だから、場所を変えて違う場所で頑張るのは逃げではなく、最適な選択です。

そういうことをお子さんに伝えるのです。

 

そして、子どもがどうしたいのかわかったら次は学校や他の教育機関に相談しましょう。

本人の意志に合った対応を/学校や他の教育機関に相談

子どもがどうしたいのかわかったらそれに合った対応をしてあげましょう。

同じ学校で頑張る意志があるのなら、いじめについて先生にしっかり話し解決してもらう

転校するのであれば、他の学校に行く手続きをとってあげる

大人がするべきことをしてあげましましょう。その際にしっかり学校や他の教育機関と話し合いをしましょう。

1人ではわからないことや、新たな可能性が見えてくることもありますので。

 

そして、どんな選択をしようが共通して大事なことがあります。

それはどの道を選ぼうがお子さんの味方をしてあげることです。

「もし(転校などで場所を変えて)また嫌なことをされたら大きな声で嫌っていいなよ。すぐ先生に言って、お母さん(お父さん)にも言いなよ。嫌だと言ってまだしてくるならお母さん(お父さん)が直接その子に言ってあげるから。

絶対に守るからね、安心して堂々と楽しみなさい。」

 

このように声かけすることで、自分には味方がいると理解できて、その子の勇気につながります。

周りに味方がいるとわかれば、恐怖も減り徐々に人を信じることができるようになります。

だから、自分は味方なんだと言うことをお子さんと向き合って伝えて下さい。

 

まとめ

まとめると、いじめによる不登校の解決はこの流れになります。

①いじめは相手に問題があると理解する、いじめられると人はどうなるのか理解する

②子どもの味方になり、自分は味方であると伝える。

③子どもと向き合って、今後どうしたいのか聞く。

④教育機関に相談して、子どもの意志に合わせて、対応してあげる

 

ポイントはどんな状態だろうと、どんなことがおころうと子どもの味方になることです。

 

この記事を読んだ方へオススメです。

いじめが原因で不登校になると人間不信になる?解決策は?

2015.08.26

中学生で不登校になったら勉強はどうする?勉強しない子の解決方法

2015.08.04

不登校の解決は関心の向け方が重要!評価や批判はNG

2015.07.03

スポンサードリンク

読むだけで不登校の子とどう対応すればいいのかが見えてくる!不登校変革部公式メールマガジン

 

不登校変革部公式の参加型メールマガジンです。

 

僕が一方的にメールを送るのでなく、みなさんの意見を交えつつみなさんと一緒に作り上げるメールマガジンです。

 

〇不登校の息子、娘にどう対応していいのかわからない
〇カウンセリングに適応指導教室どこにいってもだめだった
〇不登校に関する情報がたくさんあってどうすればいいのかわらない
〇親として自信が持てず、気づいたら自分を責めてしまっている。

 

あなたの現状を打破するヒントが見つかるかもしれません。登録は完全無料です。

 

また、ブログ記事の補足音声や動画配信はメルマガで優先的に取り扱います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

松井和輝

中学・高校ともに不登校。それが原因で自殺未遂を経験。現在はその経験を生かして、「学校に復帰するだけでなく、本来の純粋な自分を取り戻すことを第1の目的」として、300組以上の親子の問題解決を行う。