自分の魅力がわからない人必読!目から鱗の自分の魅力の知り方

スポンサードリンク

自分では当たり前だと思っていることでも、

すごいと言われることはたくさんある。

でも、自分だと思っていることって

意外と他人からすると魅力的じゃないことだったりする。

このようなことは日常にたくさんあると思います。

自分の魅力は自分ではわからない

例えば、高校生の朝の髪のセット。

駅のトイレで一生懸命に頑張って髪をセットしている子をたまに見ます。

でもセットが終わるまで見ていると、

セットする前と後ではそんなに変わってないんですね。

 

本人としてはちょっとの差が大事だと思っているんじゃないか。

自分も高校生のときにそうだったからよくわかります。笑

ほんの少しうまくいかないと全部がだめに見えてきてしまう

髪を洗ってはじめからやりなおしたくなる

 

でも、他人から見ればいつもとほとんど変わらないんですよね。

それが事実です。これは一例にすぎません。

 

自分は魅力的だと思っていても、

他人から見たら違うということはたくさんあります。

 

別に髪のセットが悪いと言っているのではありません。

髪のセットが好きな人は納得いくまで楽しめば良い。

 

でも、それが他人からよく思われるために、

他人の目を気にしすぎてやっていることだと少し考えたほうが良いと思います。

 

重要なのはなぜ自分が魅力的だと思っていることは、

他人から見ると実は普通なのかということ

なぜ、自分は当たり前だと思っているのに他人から見ると魅力的なのか

 

これは、自分が思っていることというのは、

相手も思っていると勝手に解釈しているからです。

 

自分がだめだと思っているところは、他人もだめなところだと思っている

自分が魅力的だと思っているということは、他人も魅力的だと思っている

 

そういう風に考えるから自分と他人の不一致が生まれたときに問題がおこります。

 

自分が好きで魅力的なことをするのは問題ありません。

しかし、他人から見てこれは魅力的だと考えて

自分が魅力的だと思うことをすると問題がおこります。

 

それをする目的は他人から認められることです。

しかし、他人から見たら魅力的ではないため、認められることはありません。

 

自分は頑張っている。頑張っているのにみんなは認めてくれない。

自分は頑張ってもだめなんだ。

そうやって自己否定が始まり、自分に自信がなくなります。

 

このような状態の人の自分が魅力的だと思っていることは、

大抵自分にはもともとない能力だったりします。

 

話し下手な人がコミュニケーションがうまいことに魅力を感じる

いつも冷静な人が元気で笑顔であることに魅力を感じる

 

自分には足りないところが魅力的なんだと思い、それが社会的にも重要だと思い込む。

じゃあなんで自分には足りないと思ってしまうのか。

 

それは誰かと比べてときに自分ができないことがある。

かつ、その誰かの能力が社会的に重要だと思う。

だから、自分が足りないところは

みんなが思っている魅力的なところなんだと思い込んでしまうのです。

 

でも実はそんなことはない。全部勘違い。自分で勝手に解釈してしまっているだけ。

 

 

 

話し下手かもしれないけど、その分頭で考えているかもしれない。

それにともなって文章を書くのが上手かもしれない。

冷静だからって悪いわけじゃない。

冷静でクールな人はかっこいいし物事を客観的に見ることができる。

 

自分から見れば悪い部分かもしれないけど、他人から見たら魅力的に見えます。

だから、他人を見て自分と比べる必要はありません。

 

あなたにはあなたらしさがもともとある

あなたにはあなたの魅力がもともとある

あなたにはあなたにしかない価値がもともとある

あなたにはあなたにしかできないことがあるのです。

 

確かに足りない部分もあるかもしれません。

でもそれがあるからこそあなたと言えるのです。

足りない部分があるからこそ、魅力的な部分が際立ちます。

闇があるから光があるのと同じです。

 

誰かに認められたい、誰かの能力がうらやましい

そんな人は今自分が魅力的だと思っていることを見直してみるといいです。

自分に足りないところを魅力的だと思っていないか

あなたではない他の誰かになろうとしてないか

 

他人から言われたことのほうが、

あなたのありのままの魅力的な所を表していることがあります。

 

他人から言われた魅力というのはあなたにとって当たり前のことかもしれません。

でも一度その考えを捨てて、

自分ってそこが魅力的だったのかと受け入れてみてもいいんじゃないかと思います。

 

自分では気付けないなら、他人から教えてもらってもいいんじゃないかって思います。

自分の魅力は自分で決めるものじゃなくて、他人が教えてくれるものです。

 

自分の魅力は自分では気付かないもの。

自分では凄いと思っていることでも、他人からは普通なことはたくさんある。

でも逆に自分では当たり前だと思っていても、他人から見たら魅力的な部分はたくさんある。

 

大事なのは自分らしく生きること

他人から言われた魅力を素直に受け入れてみればいい

自分に足りないところを求めるんじゃない

自分には魅力がもともとある

それを受け入れて自分がやりたいことを自分らしくやればいい

スポンサードリンク

読むだけで不登校の子とどう対応すればいいのかが見えてくる!不登校変革部公式メールマガジン

 

不登校変革部公式の参加型メールマガジンです。

 

僕が一方的にメールを送るのでなく、みなさんの意見を交えつつみなさんと一緒に作り上げるメールマガジンです。

 

〇不登校の息子、娘にどう対応していいのかわからない
〇カウンセリングに適応指導教室どこにいってもだめだった
〇不登校に関する情報がたくさんあってどうすればいいのかわらない
〇親として自信が持てず、気づいたら自分を責めてしまっている。

 

あなたの現状を打破するヒントが見つかるかもしれません。登録は完全無料です。

 

また、ブログ記事の補足音声や動画配信はメルマガで優先的に取り扱います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

松井和輝

中学・高校ともに不登校。それが原因で自殺未遂を経験。現在はその経験を生かして、「学校に復帰するだけでなく、本来の純粋な自分を取り戻すことを第1の目的」として、300組以上の親子の問題解決を行う。